聖人一流章  蓮如上人書簡(御文章) 
 

 聖人一流の御勧化のおもむきは、信心をもって本とせられ候ふ。そのゆゑは、もろもろの雑行をなげすてて、一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏のかたり往生は治定せしめたまふ。その位を「一念発起入正定之聚」と釈し、そのうへの称名念仏は、如来わが往生を定めたまひし御恩報尽の念仏とこころうべきなり。あなしこ、あなかしこ。


            「お釈迦さま物語(釈迦如来の教えと阿弥陀如来の救い)」より抜粋


                                 意訳(法味) 純心寺住職 曽我弘章

 
親鸞聖人のお勧めくださる浄土真宗の趣旨は、多くの煩悩をかかえて生きている私たちの何もかもをご存じのうえで、「あなたを必ず助けます」と誓われて仏となられた「阿弥陀さまのお心(阿弥陀如来の真実信心)」がすべてです。
 「あなたをどうしても救わなければならないのです」という、何の条件も付けず、何の見返りも求められない慈悲ばかりの阿弥陀さまの願いを知らされたとき、私たちはそのお心
(衆生済度のお働き)をそのままいただくのです(信心)
 私たちのいただくところの信心が、信じようと努める私たちの心ではなく、「安心しなさい。あなたを必ず助けます」という一途な阿弥陀さまのお心がすべてであるということは、なんと尊いことでしょう。


 そのわけは、生死の問題を解決するために、私たちのもろもろの行為をたよりとしないで、「あなたを必ず助けます」と呼びかけられる阿弥陀さまの声、「南無阿弥陀仏」にこのいのちを委ねますと、私たちにはとてもはかり知れないお慈悲のお力によって、このいのちが真実のさとりの世界である安らかで浄らかなお浄土に救い取られるからです。

 このように、救いの中に生きる喜び、お浄土
に生まれることが定まった境地について曇鸞大師は、「私たちは、阿弥陀さまのすべてのいのちを救いたいという願いに気づいて、そのお心をいただいたとき、阿弥陀さまのお浄土で必ず仏にしていただくことを喜ぶいのちの仲間に入るのです」と註釈をしてくださいました。

 そして、そのうえでの称名念仏は、救いの中に生きる私たちの阿弥陀さまへの感謝の気持ち、ご恩報尽のお念仏です。
 お念仏は、称えているのは私たちですが、実は阿弥陀さまのお声です。残念ながら、私たちには阿弥陀さまの光明を見ることができません。それで、阿弥陀さまは自らの名(名号)に自身のいのちのすべてを込めて、「南無阿弥陀仏」の六字に姿をかえて私たちの心に入ってこられました。
 そして、
私たちに称えられる「南無阿弥陀仏」という声の姿形(名声)となられて、私たちの口から呼びかけられているのです。その声を、私たちは聞くのです。私たちの口と耳を通して、阿弥陀さまと私たちは「呼びつ呼ばれつ」の日暮です。そのように心得させていただきましょう。

 
ナマンダブ、ナマンダブ・・・・・、ナンマンダブ、ナンマンダブ・・・・・。謹んで申し上げます。
 (蓮如上人、御文章五帖目第十通)





   


浄土真宗本願寺派  純心寺 (西本願寺)
〒286-0036  千葉県成田市加良部4-4-13
пF0476-28-4103
Copyright (C) Junshinji. All rights reserved.