歎異抄 第一条


南無阿弥陀仏

 弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、すなはち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり。弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。そのゆゑは、罪悪深重・煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にまします。しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆゑに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆゑにと云々。




意訳 純心寺住職 曽我弘章     

 「阿弥陀さま
(阿弥陀如来)が仏さまになられる前の法蔵という名の菩薩であられたとき、『すべてのいのちを見捨てることなく、必ず浄土に救い取ります』という願いをたてられました。
 そして、『私の名
(南無阿弥陀仏)称えた(聞いた)あなたが、もしも安らかで浄らかな世界(浄土)に往生できなければ私も仏にはなりません』という誓いを成就されて阿弥陀如来となられました。
 このようにして仏さまとなられた阿弥陀さまは、自らの名である『南無阿弥陀仏
(名号)』に、自身のいのちのすべて(全功徳)を込めて、『あなたを必ず救います』と呼びかけられました。

 阿弥陀さまのお心に触れ、『阿弥陀さまの名
(南無阿弥陀仏)を称えて(聞いて)みたい』という思いが起こったとき、この人生を阿弥陀さまに見守られながら生きて、生ききったときにお浄土に往生させていただく自分であることを知りました。
 『そのままのあなたを助けます』と呼びかけられる阿弥陀さまと、『ありがとうございます』と安心する私たちが、『南無阿弥陀仏』の名号によって固い絆で結ばれたのです。

 阿弥陀さまの『あなたをどうしても助けます』という願いは、老人も若者も善人も悪人も分け隔てされません。ただ、差し向けられた阿弥陀さまの願いをそのまま受け取る心がもっとも大切であると心得なければいけません。
 なぜならば、阿弥陀さまの願いは、もともと煩悩のために罪重く悩み多いものを救うためにおこされたお慈悲の誓いだからです。

 したがって、『救われるためにはもっと善い行いをしなければいけないのではないか』などと心配する必要はありません。
 阿弥陀さまは私たちの何もかもをご承知のうえで、『南無阿弥陀仏
(ナンマンダブ)』を称える(聞く)ものを無条件で救いとられるのですから、『南無阿弥陀仏』のお念仏よりも優れた善はどこにもないのです。

 また、『煩悩を抱えもって過ちを犯し、悪業を造り、正しい道を歩めない自分はとても救われないのではないか』と心配するかもしれませんが、大丈夫です。
 どんな悪い行いでも、阿弥陀さまのお心、真実の願い
(本願)の前に立ちふさがるほどの悪は決してないからです」
 と、親鸞さまは仰せられました。







   


浄土真宗本願寺派  純心寺 (西本願寺)

〒286-0036  千葉県成田市加良部4-4-13
пF0476-28-4103

Copyright (C) Junshinji. All rights reserved.